Company Profile | Designers Guild

The Designers Guild Story



2010s




2010年

英国Elle Decorationから‘Best British Brand’賞を受賞

15冊目の著書‘A Certain Style’を7ヶ国語で発表

4月にKing’s Road以外で初めての路面店がロンドンのMarylebone High Streetにオープン

デジタルプリントの開始

2011年

英国Elle Decoration読者の選ぶ‘Best British Brand’賞を2年連続で受賞

Christian Lacroix Maisonのライセンス開始(1986年のデザインを含む4デザイン) Howard Hodgkinのアクセサリーの開始

2012年

Christian LacroixのArles コレクションにある`Vuelta’デザインファブリックがElle Decoration International Design Awardの‘Best Fabric’に選ばれる

DGのTable Linenの開始

2013年

DGの壁紙‘Savine’がHomes & Gardens社のFabric Awardで‘Best Wallpaper’に選ばれる

16冊目の著書‘Colour Deconstructed’を8ヶ国語で発表

DGのブログ、Facebook、Twitter、Instagram及びPinterestの開設

2014年

新しい配送、流通センターをロンドン西部に開設 DGのwebsiteをアップグレイド 新しい154色でペイントを発表 DGはロンドンのDesign Junctionに初めて参加



Telegraph社の7月号でTricia Guildは`一番有名な女性インテリアデザイナー‘に選ばれる

2015年

17冊目の著書‘Paint Box’を6ヶ国語で発表

イタリアのモザイクタイルブランド‘Bisazza’でデザイン

2015-16年

DGのオンラインストア開設。フランス、スペイン及び米国でも開設

2016年

パリのデザイン地区に新しいDGのショールームを開設

2018年

John Derian by Designers Guildをスタート

2019年

19冊目の著書‘In My View’を発表



2020s




2020年

DGのファブリックは7,000種類を超え、売上も50百万ポンドを超える。 DGの創設50周年記念事業の一環として著書‘Out of Blue’を発表するとともにロンドンThe Fashion And Textile Museumで同名にて展示会を開催

The Creative process

芸術性、創造性そして改革がDesigners Guildの創造工程の真骨頂であり、ライフスタイルの原則に即して形をつくって今日のビジネスを駆動しています。全てのデザインはアイデアの種やインスピレーションから芽を得てTricia Guild自身が植え替えているも常に企画デザイナーの絵ブラシや鉛筆からスタートする。他のデザインソースとしては東洋の装飾、芸術品やイタリアの建造物、花や自然、そして古典的な文献もある。

デザイナーはアイデア、絵の具、スケッチを整理し、実験作、試験作を繰り返して作品のテーマを創り上げ、その後Tricia Guildが全体を見て最終的なコレクションに仕立てあげる。 創造工程は最初から最後まで2年掛かる時もあり、その工程全てにTriciaが押したり引いたりして編集し、最終スタイルの作品となり最終的に市場に出されてトレンドを創り出す。編集したデザインを基に、彼女はそのデザインを様々な商品にするに最適な織物メーカー、プリンターや生産メーカーという開発チームと一緒に生産に掛かります。ハンドスクリーンプリントを使っていた初期の頃に比べ、現在ではGalvanoロータリープリンターやアートデジタルプリンターといった新しい技術を使いよりデザインの自由度が高まり、またオリジナルデザインに忠実は表現が可能となり、これは現在DG社の顔となっている。

Designers Guild社は現在、花柄から幾何柄のプリント、無地、チェック、ストライプ、ジャガードタベストリー、シルク、ベルベット、トリミング等ファブリックで9,000種類、壁紙で2,000種類の商品がある。エジブトコットン、スコットランドリネンやスイスのダマスク織等常に最上級の品質を求め、プリンターや柄彫も芸術技術レベルを保持し、社内も社外に対しても厳しい品質管理システムを採用している。

Division of Designers Guild Fabric & Wallpaper

2008年にThe Royal Collection of Fabrics and Wallcoverings という王室庁とこの種のライセンス契約としては初めての、バッキンガム宮殿やウィンザー城といった王室居住地のインテリアからインスピレーションを得た全く新しいコレクションをスタートした。 して2009年9月には第二弾としてタイバックやトリミングの新しいコレクションを発表、また2010年には第三弾としてCampanulaを発表した。

2001年にはファブリックと壁紙コレクションをさらに強化すべくWilliam Yeowardのファブリックをそして2002年には壁紙コレクションを発表し、以降同ブランドでのコレクション発表を続けた。

また2011年にはアイコニックな世界的高級ブランドであるChristian Lacroixをライセンスでスタート、Arlesプリント、織柄とアクセサリーは2011年1月のパリでのMaison et Objetに展示された。;

2018年にはアメリカのデコパージュデザイナーのJohn Derianとのコラボを発表し、ファブリック、のちに壁紙やスロー、アクセサリーを発表し現在会社のオファーの一つになっている。

同時にDesigners GuildはヨーロッパにおけるRalph Laurenのファブリック及び壁紙のlicenseeとしてExclusive Distributorになっている。

Furniture

Designers Guild社のスタジオでデザインされたコンテンポラリーな家具のコレクションで、ソファー、チェア、デイベッドそしてモデュラーユニットやストール、オットマンの様々なスタイルの家具を、英国やイタリーで最高の品質レベルで生産し、ヨーロッパそして他の海外市場に輸出している。全ての家具は常に変わらぬ快適さと最適な品質を合わせたデザインを考えられている。

Bed and Bath

プリント、織、刺繍そしてアップリケのベッドリネンからなるDesigners GuildのBed and Bathコレクションは最高品質のコットン100%でできており、コットンタオル、ウール&コットンブランケットとキルトがある。この部門は1995年の1月に創設され、商品は有名店舗、小売店及びオンラインショップで購入可能。

Corporate Structure and Ethos

Designers Guild Groupとして英国には280人の従業員がおり、またNew York、Paris、StockholmとMunichに支店とショールームを構えている。本社は16,000スクエアフィート(約500坪)でロンドンの西にある流通配送センターは80,000スクエアフィート(約2,700坪)あり、旗艦店はKing’s RoadとMarylebone High Streetにある。 会社の運営は経営企画、コニュニケーションと情報管理システムを活用したコーポレート戦略からなされている。その哲学はグループのすべてのレベルでの公正な参加とコミュニケーションであり、会社の戦略的開拓と実績を十分理解したスタッフからは非常に高い献身と忠誠を得ている。最高レベルの質とサービスに努め達成している。

全ての販売ネットワークはコンピュータ化された顧客サービス装置でサポートされ、B2B Websiteは1,000件以上のオーダーをこなし、問合せ応対から技術的情報に至るまで対応している。同時にストックコントロールと購買システムがリンクされ、1年に2百万メーターのファブリックと壁紙に対応している。即配システムがクーリアネットワークを通じて保証されており、英国、ヨーロッパそして世界中からのオーダーは24時間以内に発送されている。売上もここ20年で急速に伸びておりインテリアデザイナー、百貨店、その他小売店、ホテルやコントラクト市場ですでに55百万ポンドを超えている。国別で一番大きな市場は英国であり、フランス、ドイツ、スェーデとイタリーは現地のDGオフィスが担当し、その他のヨーロッパや世界ではエージェントないしディストリビューターが担当、現在売上の60%以上が海外であり、Designers Guildは世界70ヶ国で展開されている。

ETHICAL TRADING POLICY

『デザイン、商品、サービスそして人の品質を考える際キーとなるのはビジネスを通じて道徳、そしてモラルを一緒に考えて行うということだ。』

2019年8月 社長 サイモン ジェフリーズ

全てのビジネスを通じて道徳的取引を徹底しており、その例として月の戦略を実行中

Our Commitment to trading ethically

可能な限り我々は製品の生産から包装材の廃棄に至るまで供給者と顧客の環境を高めるべくサプライチェーンの検査を徹底する。

Our People

DGの社員は誰に対して常に正直でオープン、そして協力的態度で道徳心をもって対応する義務を持っている。次に我々は世界中の供給者と取引があるが、その際は同じ道徳的精神を持つ企業に限っている。我々は客先を訪問し、彼らの工程基礎、従業員そして生産工程をつぶさにチェックしている。同時に我々はSEDEX(サプライヤー倫理データ交換システム)を採用しており同システムを採用している企業との取引をし、製造工程をチェックする為にも定期的に往訪している。

正しい労働環境を支援できる大きな企業を優先し、児童労働や承服出来ない搾取がないことを確認している。

Ecology

我々の商品の大部分、特にファブリックと壁紙は、リサイクル可能な天然ファイバーから出きている。最近我々は完全にリサイクルされた、製造工程で炭化水素を使っていないコットン糸のコレクションを業界では初めて発表した。安全の面よりサプライヤーはCOSHH(有害化学物質衛生管理)規定を守っており、道徳的にも禁止された化学物質のリストを遵守している。また流失管理や資源のライフサイクルにも注意している。

Recycling Policies

本社、配送、流通センターでは自然光の使用と電力消費の少ない照明等出来る限り効率的なエネルギー使用を行っている。

ECO POLICY

我々は会社として環境的及び社会的責任にたいして確固たる責任と献身を保持している。可能な限り我々は製品の生産から包装材の廃棄に至るまで供給者と顧客の環境を高めるべくサプライチェーンの検査を徹底する。

IN-HOUSE

環境的及び社会的責任

進行中の工程全てで責任を果たす。プラスチック使用の根絶、紙、段ボールのリサイクルといったとことが小さなしかし効率的解決方法として違いを生むと理解し、オフィス、カフェそして売り場でのプラスチックの使用をやめている。

LOGISTICS

我々はサステイナブルスタイルを達成することを方針としている。

そのために大げさな費用が必要でなく、例えば我々の配送車は関係会社を含めすべて電気自動車を使用。2019年にディーゼル車から電気自動車に変更し、ゆっくり確実に実行中

STORES

イージーショッピングと休息を確実に。我々のショッピングバッグは100%リサイクルに

常にサステイナブルサービスを心掛け、今年はリサイクルプラスチックショッピングバッグをエコフレンドリーな紙製に変更

PRODUCTS

我々の商品は、特にファブリックや壁紙は、天然糸を使用しリサイクルが可能。2019年春夏コレクションではLisbonという改良されたリサイクルファブリックコレクションを発表。これは業界で初の試みで生産に炭化水素が不使用。このコレクションはファッション業界からでる残滓をリサイクルして出来たもので、残糸を整理し高い品質の糸に再生する信頼性の高い技術を開発したサプライヤーとの取り組みで始めたもので、ニュートラルから鮮やかなカラーまで幅広いカラーパレットで展開。

We've noticed that you are browsing our UK site from outside of the UK.

Please note that it is currently only possible to ship to UK and Ireland addresses.

Click here to switch to your local site